夏の着付けはとにかく暑い!(;´Д`)きものを日常的に着ていた時代から比べると、現代は格段に暑いので、「昔ながらの着物のルールに縛られていたんじゃ、夏にまともに着物は着れない。」と、着物屋のスタッフさんでさえ言っています。

それでも、どんなに暑くとも、きもの好きとしては着物で出かけたいわけです。

着物友達から「へちまでつくった帯枕だと、軽くて蒸れない。」との情報を聞き、へちまの帯枕についていろいろと調べてみたところ、自作で帯枕がつくれる方法がいくつか載っていました。

へちま帯枕 参考サイト(ささめ着物語りさん、ありがとうございます!)

このサイトの他、いくつかのサイトを閲覧し、できるだけ簡単にへちまの帯枕を作ってみました。

【材料】
へちま(100円ショップのもの)…1個
麻タオル(100円ショップのもの)…1枚
ガーゼ(短めのもの、へちまにかぶせる用)…1枚
ガーゼ(長めのもの、帯枕を帯につける用)…1枚
糸、針、輪ゴム


  1. まず、へちまを水につけてやわらかくします。

  2. へちま帯枕の作り方1

  3. 半乾きくらいになったら、へちまの中の部分を少し切り取ります。乾かしすぎると固くて切りにくくなります。

  4. へちま帯枕の作り方2

  5. へちまがやわらかいうちに、形を整えます。短いガーゼでくるんでから、両端を押しつぶして形を整え、針と糸でザクザク縫い、帯枕の形に整えます。
    本物の帯枕を置いて見ながらつくるとわかりやすいです。

    他の作り方ではタコ糸で形を整えるとあったのですが、グルグル巻きにするのが案外めんどくさく、輪ゴムで代用。こちらのほうが簡単にできます。

  6. へちま帯枕の作り方3

  7. 帯枕の形を整えたら、麻タオルを短めに切って、へちま帯枕をくるみ、その上からかぶせて、裏側を縫います。
    これは偶然の発見なのですが、麻タオルの両脇をギュッと結ぶことで、自然な丸みがつきました。このまま乾かして、乾いたら眺めのガーゼでくるんで出来上がり。

  8. へちま帯枕の作り方4


へちま帯枕と、ついでに帯板もつくりました。100円ショップ等で材料費500円ほどでできました。市販で買うと2000円以上しますので、手作り好きな方、少しでも費用を抑えたい方には、手作りへちま帯枕、オススメです。

つくるのがめんどくさい、時間がない…という方は、市販のものが売られています。着物雑誌・七尾オンラインショップでは「井登美」へちまの帯板、帯枕があります。どちらも3,000〜4,000円前後です。
「井登美」へちまの帯枕

へちま帯枕




こちらも夏の必需品。大嘘つき襦袢。補正パットを直接入れられるので便利。1着あると夏には重宝します。




JUGEMテーマ:和雑貨

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kimono-beginner.hizuki.lomo.jp/trackback/125

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ着物関連

楽天

おすすめ

  • SEO
  • loading
  • 超初心者の着物日記

trackfeed

track feed 超初心者の着物日記

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 今年、着付けを習おうと思っている方へ。教室選び3つのコツ
  • 川越「きものの日」に行ってきました
    日月
  • 川越「きものの日」に行ってきました
    シュナ母
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    日月
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    日月
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    omo
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    シュナ母
  • 着物用タンスを買いました。
    シュナ母
  • 着物に似合う香り。香彩堂の練り香水
    日月
  • 着物に似合う香り。香彩堂の練り香水
    きの和装学苑 前結び 谷内着付教室

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM