着付け教室のめんどくさい他装、めんどくさい人間関係に辟易していた私ですが、唯一のモチベーションが「着付けの資格試験」でした。これは、各コースの終盤に、着付けの手順や時間を審査する着付けの資格試験があるのです。

今にして思えば、これが一番使える授業でした。

基本となる着物の着付け、帯結び(一重太鼓、二重太鼓)を勉強できるのです。
あとで詳しく書きますが、着付け教室によってはこの「基本の着付け」をやらなくなるコースがあるのです。
少なくとも、私が通っていたコースは、基本の着付けは資格試験前以外はほとんど教えてもらえませんでした。
毎回、着物までは着ますが、帯結びは「一生のうちで数回使うか使わないか」という、複雑な帯結びばかりでした。

まだ、普通の帯結びもできないのに、なんで応用をやらなくちゃいけないんだ…( ´Д`)=3

さて、試験についてですが、何かしらの資格があれば、将来、着付け教室で働いたり、人に着つける仕事ができるかしら〜♪と、脳天気に考えていたのですが、後にそれが全く甘い考えだったことに気付かされます

コース習得→資格試験→その上のコース→資格試験→またその上のコース→資格試験…と、資格試験には何段階もあり、おそらく、使えるであろう資格をとるためには、かなり上のコースまで通わなければいけないのです。(^^;)
私が行っていた着付け教室は、資格試験は各コースのカリキュラムに組み込まれているので、「資格だけ取る」ということができない仕組みになっています。(ほんと、よくできていますよ、お金を絞りとるのに…)

●着付けの資格について、私の体験に基づく感想
・各着付け教室で、どんどん上のコースを習得し、どんどん資格をとれば、その着付け教室から仕事をもらえることもあるらしい
・和食店の配膳などでは使えそう
・関係ない分野の求職でも履歴書に書くと、面接時のウケはよい
・一番需要のありそうな振袖の着付けは、資格、経験値、人脈が必要らしい(てことはつまり、着付け教室で上のコース取得が必要ってことかも…)

その1 まずは、着付け教室探しから→
その2 着付け教室のお試しコース→
その3 追いつけません!悔し涙の日々。。・゚・(*ノД`*)・゚・。→
その4 着付け教室の人間関係→
その5 恐怖の他装…(((; ゚д゚)))→
その7 着物を売りつけない着付け教室のカラクリ→
その8 着物は売らないんじゃなかったの?着物を売りつけない着付け教室のカラクリ2→
その9 浴衣の授業は1度きり→
その10 かけ離れていく希望、そして退会を決意→
その11 優しかった先生が豹変。辞めるのにも一苦労→
その12 着付け教室退会での攻防戦→
おまけ 着物がだめなら、長襦袢を売りつけろ→

JUGEMテーマ:着物の着付け教室

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kimono-beginner.hizuki.lomo.jp/trackback/13

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

オススメ着物関連

楽天

おすすめ

  • SEO
  • loading
  • 超初心者の着物日記

trackfeed

track feed 超初心者の着物日記

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 今年、着付けを習おうと思っている方へ。教室選び3つのコツ
  • 川越「きものの日」に行ってきました
    日月
  • 川越「きものの日」に行ってきました
    シュナ母
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    日月
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    日月
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    omo
  • キモノでジャックin東京16th 水上バス(浜離宮〜浅草)
    シュナ母
  • 着物用タンスを買いました。
    シュナ母
  • 着物に似合う香り。香彩堂の練り香水
    日月
  • 着物に似合う香り。香彩堂の練り香水
    きの和装学苑 前結び 谷内着付教室

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM