波津彬子さんのふるぎぬや紋様帳 1は、主人公がアンティーク着物店で、古衣にまつわる不思議な出来事を体験するお話で、着物に関する知識も学べる、美しい漫画です。

「ふるぎぬや紋様帳1」 あらすじ


インテリアコーディネーターの伊都子は、祖母の形見の着物コレクションを処分するため、導かれるようにアンティーク着物店「ふるぎぬや」にたどり着く。そこには着物を粋に着こなした青年と、美しい女声、悉皆屋(着物全般の修理屋)の少年など、一風変わったものたちが集まる場所。

伊都子はそこで、祖母や、それぞれの持ち主の着物にまつわる「思い」に触れることになり…。

ふるぎぬや紋様帳 1 (フラワーコミックススペシャル)
波津 彬子 小学館 (2015-07-10)売り上げランキング: 11,667



「雨柳堂夢咄」は骨董全般のお話でしたが、今回の「ふるぎぬや紋様帳」は、着物に特化したものがたりです。古着といっても、時代によってデザインも織り方、染め方も違います。明治・大正の頃は着物に対して愛情をもって手間をかけて作られたものが多く、そうした着物には「良い思い」がつまっているのです。

読んでいて着物に関する知識も学べます。

第一話に出てきた桜の着物のエピソードで、主人公の祖母が「桜が咲いてしまったから、桜の着物はおかしいけれど、好きな人に、お気に入りの着物で会いたい」っていうのは、桜の着物は、桜が咲いている時期には着ないという習慣があるからなんですね。


雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス)
波津 彬子 朝日新聞出版 (2014-10-07)売り上げランキング: 23,410



JUGEMテーマ:着物 きもの


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kimono-beginner.hizuki.lomo.jp/trackback/149

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

オススメ着物関連

楽天

おすすめ

  • SEO
  • loading
  • 超初心者の着物日記

trackfeed

track feed 超初心者の着物日記

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM