もらいものの草履や、買ったばかりの草履はどうしてもキツくて歩いていると足の付根が痛くなってしまいます。いちど、草履をお直しに出した時に、草履屋さんにも聞いたのですが「慣れるしかないですね」とのお答えが…

我慢して草履が足に馴染むまで履き続けるしかないのかな〜と、思っていたら意外なところなら救世主が。
いきつけのリサイクル着物店のスタッフさんと草履の話になった時「草履が痛くならないコツ、ありますよ」と教えられたのがこの方法です。

新しい草履を履くときのコツ


草履の鼻緒の後ろ側を広げる」たったこれだけで、すごく楽になりました!(*´∀`)ノ
買ったばかりの草履は鼻緒の部分が硬いので、それが足の甲に当たって、痛くなるので、鼻緒の端を広げるだけで、足の甲に当たる部分が少なくなり、すごく歩きやすいです。

草履を挟む親指、人差し指の付け根の痛みは、まず足の指を開くことに慣れる必要がありそうですが、この方法を使ってからは、指の付け根の痛みも軽減したような気がします。

草履コツ



JUGEMテーマ:和雑貨

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://kimono-beginner.hizuki.lomo.jp/trackback/98

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

オススメ着物関連

楽天

おすすめ

  • SEO
  • loading
  • 超初心者の着物日記

trackfeed

track feed 超初心者の着物日記

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM