夏の着付けを少しでも楽にしようと、へちまの帯枕をつくったついでに、参考サイトさんで紹介されていた、へちまの帯板もついでにつくることにしました。

へちま帯板 参考サイト(ささめ着物語りさん、ありがとうございます!)
へちまの帯枕づくり→

材料も作り方も、帯枕の時と途中まで一緒です。

【材料】
へちま(100円ショップのもの)…1個
麻タオル(100円ショップのもの)…1枚
ガーゼ(長めのもの、帯板巻く用)…1枚
糸、針


  1. へちまを水につけてやわらかくします。

  2. へちま帯板の作り方1

  3. 半乾きくらいになったら、へちまに切り込みをいれて開き、内側のでこぼこをカットしていきます。開いたへちまを2つに切り分けます。開いたままだと、帯板にするには厚みがありすぎるし、へちまを平らにするためにも、重しを載せて形を整えます。とにかく、へちまを板状にするまでが大変です。(;´・ω・)

  4. へちま帯板の作り方2

  5. へちま帯板がまっすぐになったら、麻タオルにくるんで、2つのへちま板を縫い付けます。その後、ガーゼにくるんで完成。帯板にしては、ちょっと厚みがありすぎるのですが、まあ使っているうちになじんでくるだろうと、ズボラな考えでそのまま使ってます。

    厚みがあるのを逆手に取って、帯板と伊達締め、両方の機能がまかなえるので一石二鳥です。

  6. へちまで帯板の作り方3

    JUGEMテーマ:着物 着付け


夏の着付けはとにかく暑い!(;´Д`)きものを日常的に着ていた時代から比べると、現代は格段に暑いので、「昔ながらの着物のルールに縛られていたんじゃ、夏にまともに着物は着れない。」と、着物屋のスタッフさんでさえ言っています。

それでも、どんなに暑くとも、きもの好きとしては着物で出かけたいわけです。

着物友達から「へちまでつくった帯枕だと、軽くて蒸れない。」との情報を聞き、へちまの帯枕についていろいろと調べてみたところ、自作で帯枕がつくれる方法がいくつか載っていました。

へちま帯枕 参考サイト(ささめ着物語りさん、ありがとうございます!)

このサイトの他、いくつかのサイトを閲覧し、できるだけ簡単にへちまの帯枕を作ってみました。

【材料】
へちま(100円ショップのもの)…1個
麻タオル(100円ショップのもの)…1枚
ガーゼ(短めのもの、へちまにかぶせる用)…1枚
ガーゼ(長めのもの、帯枕を帯につける用)…1枚
糸、針、輪ゴム


  1. まず、へちまを水につけてやわらかくします。

  2. へちま帯枕の作り方1

  3. 半乾きくらいになったら、へちまの中の部分を少し切り取ります。乾かしすぎると固くて切りにくくなります。

  4. へちま帯枕の作り方2

  5. へちまがやわらかいうちに、形を整えます。短いガーゼでくるんでから、両端を押しつぶして形を整え、針と糸でザクザク縫い、帯枕の形に整えます。
    本物の帯枕を置いて見ながらつくるとわかりやすいです。

    他の作り方ではタコ糸で形を整えるとあったのですが、グルグル巻きにするのが案外めんどくさく、輪ゴムで代用。こちらのほうが簡単にできます。

  6. へちま帯枕の作り方3

  7. 帯枕の形を整えたら、麻タオルを短めに切って、へちま帯枕をくるみ、その上からかぶせて、裏側を縫います。
    これは偶然の発見なのですが、麻タオルの両脇をギュッと結ぶことで、自然な丸みがつきました。このまま乾かして、乾いたら眺めのガーゼでくるんで出来上がり。

  8. へちま帯枕の作り方4


へちま帯枕と、ついでに帯板もつくりました。100円ショップ等で材料費500円ほどでできました。市販で買うと2000円以上しますので、手作り好きな方、少しでも費用を抑えたい方には、手作りへちま帯枕、オススメです。




こちらも夏の必需品。大嘘つき襦袢。補正パットを直接入れられるので便利。1着あると夏には重宝します。




JUGEMテーマ:和雑貨

レビューポータル「MONO-PORTAL」

冷え性の私は、真夏でもくるぶしまで隠れる靴下でないと安心できません。ちょっと足元が冷えるな、という時は、家の中でも足袋を履いています。
汚れがとれなくなったり、古くなった足袋を家で靴下がわりにしています。

家の中で足袋をはくメリットとして
・着物でのお出かけの時に、足が痛くならない。
・足の指に力が入れやすくなり、姿勢のバランスがよくなる
・底が厚いので冷え知らず


着物でのお出かけで何が大変かっていうと、長時間草履をはいていると、足の付根が痛むのです。家でも足袋を履くことで、足の指を鍛えることになるので一石二鳥。

唯一の欠点は、外に出るときは靴下に履き替えなきゃならないことです…。
下駄があればいいんだけどね…。

家でも足袋を

JUGEMテーマ:着物 きもの


先日、春の嵐が吹き荒れた東京地方。その大雨の中、思い切ってお出かけしてきました。

着つけて、いざ、春の嵐の中へ。

若草色のきものと、グリーンの道行コート。あまり雨対策っぽくないとおもわれるでしょうが、着物はポリエステル製、道行も骨董市で500円で買ったものなので汚れても惜しくないし、ポリ着物は洗えるので、悪天候のお出かけ時には便利なのです。



帯もグリーン系でコーディネート。でも、嵐だったので、最後まで道行は脱がずに終わりましたが…。


こちらは簡易式の雨除け草履カバー。1000円くらいから買えます。ただ、湿気がこもってしまうのが難点…


しかし、嵐の中、必死の思いで、イベント会場に行ったのにスタッフさんから本日中止といわれ(´・ω・`)ガッカリ…

悔しいので六本木ヒルズの毛利庭園まで足を伸ばして桜を見てきました。雨の中の桜というのもまた、いいものでしたよ。いや、負け惜しみじゃなく。




草履をぐるっと包むタイプのビニール製の草履カバー。簡単につけられて、持ち運びも楽。




あまり高いものは買えないので、3000円で買える二部式の雨ゴートを愛用しています。でもポリエステル製の着物だったので「洗えばいいや」と思い、結局つけませんでした。こちらも軽くて持ち運びに便利だし、ひとつもっていると重宝します。







着物というと、結婚式や成人式など、フォーマルで着るもの、だからきちんとTPOをわきまえて、完璧な着付けで、ルールにのっとった着物コーディネートをしなければならない。

そんな風に思っていませんか?

でも実は、着物ってもっと自由に、カジュアルに着こなしていいんです。昔の庶民にとっては、普段着だったんですから。着付け教室などでは、教える立場もあるので、TPOを厳しく教えるところもあり半襟や小物コーデ、アクセサリーなど、じぶんの好きなデザインを選んで、気軽に着物を楽しむのもアリです。

中には昔ながらのルールに固執して、文句を言ってくる人もいますが、そういう人が実際にふだん着物を着ているかというと、実はそうでもなかったりします。着物が好きで、普段から着こなしている人ほど「ルールの上手な破り方」を知っている気がします。

カジュアル着物ブック 〜和洋ミックスコーデで楽しもう! 〜」では、そんなカジュアルに着こなせる着物コーディネートのアイデアがたくさん。かわいいイラストで紹介されています。

帽子やマフラーなど、現代風のアイテムをとりいれてみたり、スカーフを帯揚げにしてみたり、アレンジはいろいろ。カジュアル着物のコーディネートだけではなく、実用的な帯結びのやり方や、たすき掛けのやり方、着物のたたみ方まで、役立つ情報がたくさん。

着物を着るのが楽しくなる本です。


JUGEMテーマ:着物 きもの


レビューポータル「MONO-PORTAL」

先日、出雲大社へきもので旅行に行くときのために、普段の洋服にも、着物にもあうバッグをさがしていたのです。
そこで見つけたのが、中川政七商店ムック本についていたトートバッグでした。

中川政七商店について



地元・奈良の鹿や、伝統的工芸の意匠をモチーフにしたデザインが特徴の、奈良発信の和デザインブランド。
その斬新なデザインは、他の和デザインとは一線を画しています。

中川政七のオリジナルバックの特徴


気軽な、ふだん着物のお出かけバックとして使えて値段も手ごろ。
通常の手さげバックとして使える他にショルダー用の布製ベルトがついているので、肩掛けバックとして利用することができます。


中川政七商店 2013 Autumn/Winter (e-MOOK 宝島社ブランドムック)





宝島社 (2013-10-12)売り上げランキング: 10,381









レトロでかわいい、中川政七商店鹿の商標デザイン
中川政七商店鹿の商標デザイン


バッグには小さな鹿がデザインされています。
小さい鹿のデザイン


肩掛けにも、手提げにも使えるバッグ。手提げ部分の持ち手が広くて使いやすいです。

肩掛けにも、手提げにも使えるバッグ

JUGEMテーマ:和装の愉しみ

JUGEMテーマ:和雑貨

あけましておめでとうございます。
年が明けると、新しいことを始めたくなるものです。

今年は着付けを習ってみたい』という方のために、昨年は、着付け教室のブラックな面と、教室選びで避けるべきポイントをご紹介しましたが、今回は着付け教室を探す前にやっておくべきことを書いていきます。


・着付け教室を探す前に、着物の関連団体を探す


着付けを習おうとすると、まずはじめにやるのが検索エンジンで『着付け教室 最寄り駅』や『着付け教室 着物を売らない』などのキーワードで探すのではないでしょうか?

けれど、着付け教室側というのは、こういってはなんですが『いかに生徒から金を巻き上げるか』を目的にしています。そのため、自分の習いたい理想と、教室の方針とが食い違っていることに気がついたら後の祭り。カリキュラムやイベントでどんどんお金を吸い取られるだけで、着付けの技術が一向に向上しない、魔のスパイラルに陥ってしまうこともあります。(実際私がそうでした)

その点、着物関係のNPO法人やきもの関連の団体は、「きものの普及」を目的としているところが多いので、着付けに対する知識が少ないうちは、まずはこうしたNPO法人のイベントに参加して『きもの、着付けとはなんぞや』から学んでいき、そこから人脈を広げ、着付け教室などの相談をしてみるのもいいかもしれません。


人間、習いたいと思ったら、すぐに始めたいと思うものですが、ここはおちついて、まずきものについての情報を集めましょう。

団体によってはそうした質問を受け付けてくれないところもあるかもしれませんので、まずはイベントに参加したり、質問を受け付けているようなら、思い切っていろいろ聞いてみましょう。

あせって着付け教室を選んでしまうと、金銭面でも、人間関係でも、つらい思いをすることになりますから…。(経験談)

川越で毎月18日に開催される川越きものの日では、無料の着付け教室や、有料無料さまざまな講習が受けられます。
事前に連絡しておき、着付け体験をしてみるのも手です。
川越きものの日


JUGEMテーマ:着物 着付け


あけましておめでとうございます。
昨年は着物ともだちも増え、着物でのお出かけも積極的に参加したお陰で、人脈も広がり、楽しい着物ライフを送ることが出来ました。

今年は、きもの仲間とのご縁を大切にし、着物でのお出かけやイベント等にも参加していきたいと思っています。

着物で初もうで


昨年に引き続き、着物で初もうでに行ってきました。小紋と袋帯、道明の帯締めとネットで3000円で買った羽織。
羽織紐も1000円位かな。小紋と袋帯は貰い物なので、帯締め以外はあまりお金かかってません。

わたしの友人たちもそうですが、本当に着物すきな人は、高い着物を自慢するのじゃなく、安い着物を上手くコーディネートしたり、季節を取り入れて楽しんでいます。

今年もそんなチープで楽しい着物生活を充実させていきたいと思います。


初もうでの提灯

25014年初もうでの着物



もらいものの草履や、買ったばかりの草履はどうしてもキツくて歩いていると足の付根が痛くなってしまいます。いちど、草履をお直しに出した時に、草履屋さんにも聞いたのですが「慣れるしかないですね」とのお答えが…

我慢して草履が足に馴染むまで履き続けるしかないのかな〜と、思っていたら意外なところなら救世主が。
いきつけのリサイクル着物店のスタッフさんと草履の話になった時「草履が痛くならないコツ、ありますよ」と教えられたのがこの方法です。

新しい草履を履くときのコツ


草履の鼻緒の後ろ側を広げる」たったこれだけで、すごく楽になりました!(*´∀`)ノ
買ったばかりの草履は鼻緒の部分が硬いので、それが足の甲に当たって、痛くなるので、鼻緒の端を広げるだけで、足の甲に当たる部分が少なくなり、すごく歩きやすいです。

草履を挟む親指、人差し指の付け根の痛みは、まず足の指を開くことに慣れる必要がありそうですが、この方法を使ってからは、指の付け根の痛みも軽減したような気がします。

草履コツ



JUGEMテーマ:和雑貨

レビューポータル「MONO-PORTAL」

石原さとみさん主演で上演された、新国立劇場『ピグマリオンを、着物で観に行ってきました。

『ピグマリオン』は、貧しい花売り娘のイライザが、ヒギンズ教授によって言葉を矯正され、一流のレディになるお話です。最初は、紬と半幅帯というカジュアルな着物で行ったのですが、さすが新国立劇場、観覧席には、小紋やら高級そうな小紋やら、きれいなお着物の方が…(゚Д゚;≡;゚д゚)

小紋にしても、紬にしても、すごくいい感じで着こなしておられる方が多くて、私など恥ずかしくて道行が脱げませんでしたよ…。

まあ、きものの格で芝居を観るわけではないから、要は楽しめればいいんですけどね。

きもの雑誌『七緒』誌上で習った角出し風。帯は米沢織の半幅帯。
DSC_0737.JPG

絞りのハギレで作った半襟。普通の半襟の上からかぶせておけば、2回使えて便利。
DSC_0736.JPG

次に観に行った時は、羽織でいきました。まあ、リサイクルショップで3000円ですが…。

DSC_0742.JPG

結局、観に行った3回とも着物で行きました。観劇ももちろん楽しいのだけど、こうして着物をきていくと、楽しみが倍増します。




舞台 ピグマリオン感想→




Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

オススメ着物関連

楽天

おすすめ

  • SEO
  • loading
  • 超初心者の着物日記

trackfeed

track feed 超初心者の着物日記

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM